日常,趣味,仕事などの自分のための整理箱です。


by red-s2k-taka

Photo/Camera

■35mm
The Contax G Pages:世界中のGユーザーが投稿しています。
LOMO Q:LOMOの購入はあきらめたんですが,LOMOの微妙な写りいいですよね。LOMOの他にもいろんなトイカメラのサイト。T3もあり。
LOMOで行こう!:LOMOならではのクールな写真がたくさん掲載されています。
Weblog-insomnia-:マクロ,広角が秀逸。PENTAXユーザの方です。RX-8のオーナーさんでもあります。被写体としても登場します。
kaleidoscope:すごいの一言です。こんな写真一度でも撮ってみたいです。
デジタル花マクロ:αユーザの方です。タイトル通り花マクロ専門サイトです。また各種機材のインプレッションも充実しています。現在は花カメラに移転しています。
DIGIKAZ+PHOTOLOG:CANONユーザーの方です。車の写真がとても気に入っています。

■6*6
写真 Tetsuya Nomura:Hasselbladが登場します。
Fragments:写真ポートフォリオブログ。

■photo shearing
fotologue:一般参加型のフォトギャラリーサイト。クールなインターフェイスで,掲載写真もレベル高い。テーマ別のフォーラムもあり。
photohito:写真共有サイト。カメラ,レンズからの検索が充実しており,機材のトレンドもわかる。フォトコンテストもあり。
flicker:最もメジャーな写真共有サイト。世界中からのアクセスがあります。

■other
気になる○○教えます:デジタルカメラの「しくみ」:わっているようでわっていないデジタルカメラの仕組みが詳しく解りやすく書かれています。
スタジオグラフィックス:デジカメの仕組みや写真の撮り方,フォトレタッチまであらゆるコンテンツが充実しています。
10+1:建築学関連のポータルサイト。
建築マップ:撮影しにいく前には重宝します。
K2y Design:こんな雰囲気のサイトいいなぁ・・・アルファ乗りの方です。
Three Out Change!写真とたわごと:旅・写真のブログです。旅行記がお気に入り。写真のセンスも抜群!

ただ今更新中・・・
[PR]
# by red-s2k-taka | 2010-10-07 23:47 | Links
いつものようにアラーキー節で綴られています。

決して実践的な話ではないし,写真論でもないです。

本書では,撮影現場でのやり取りもあって,読んでると彼に撮って
写真を撮る事は生きる事そのものなのかなと思わせられてしまいます。

いちぶんいちぶん理解しながら読むのは不可能ですが,
写真を撮るとはどういうことかを考えさせられる一冊です。

荒木経惟『天才アラーキー 写真ノ時間』集英社, 2002年。
[PR]
# by red-s2k-taka | 2010-10-07 21:46 | Review
森山大道氏曰く,

「とにかく表に出て,余計なこと考えずに撮ること」

これにつきるようです。

テーマやコンセプトとかは後からでも間にあうし,

カメラも(大きな一眼とかじゃなく)コンパクトで,

身構えることなくたくさん撮ること。

必要なのは撮りたいという欲求だけ。

当たり前の事なんですけどなかなかできませんよね。

本書は,写真家である森山大道氏が,スナップ写真を撮るときのスタンスやノウハウについて,フリーライターの仲本剛氏が聞き役となり,商店街,銀座,国道などいくつかの撮影シーン別に語られています。

新書ですが,森山氏のスナップ写真(モノクロ)も多く掲載されていて,実践的な本ともいえます。読むのは正味30分もあれば読めますが。

いずれにしても森山氏のスナップの撮影ノウハウやスタンスがストレートによくわかる本でした。

森山大道・仲本剛『森山大道 路上スナップのススメ』光文社新書,2010年8月。
[PR]
# by red-s2k-taka | 2010-10-03 20:48 | Review
■カメラ

f0115203_1927748.jpgニコンFシリーズ
日本カメラ社出版。副題が「ニコンF・F2・F3のすべて」。フィルムカメラは昨年手に入れたニコンFでぼちぼち楽しんでます。そのため,全容が解説された本を手に入れました。




f0115203_19314338.jpgRICOH GR DIGITAL Perfect Guide
GRシリーズを買う前にも,買った後でもどちらでも楽しめるGR Digital初号機の全容が掲載されている本。森山大道などの作品やGRの撮影テクニックも掲載。




f0115203_19394423.jpgGR DIGITAL Perfect guide Vol.2
RICOH GR DIGITAL Perfect Guideの第二弾。前号と比べるとGRそのものの解説よりも,撮影テクニックやPCとの連携,プリントについての解説に重きをおいている。掲載されている写真もレベルが高い。



■撮影技法

f0115203_1850459.jpg写真の撮り方ハンドブック
カメラの基本,露出や構図など,必要かつ十分な内容。使われている写真はどれもセンスのよい物で一から学ぶのにも,ある程度の経験者にもすごくいい教本。デジタルもアナログも両方カバーしていますのでオールマイティな一冊。現像についても詳しく書かれているのが特徴的。


f0115203_1857168.jpgF5.6 Vol. 3 かっこいい写真が撮りたい
「かっこいい写真が撮りたい」といかにもなタイトルですが,正直こういうクールでかっこいい写真とりたいわけでして,ミーハーとわかりつつ買ってみました。田中長徳氏をはじめ,いろいろな方がシーン別に撮り方のポイントを解説してくれています。



■写真論

f0115203_1992156.jpgたのしい写真
ホンマタカシ著,平凡社,2009年。講義編でのニューカラーや決定的瞬間,ポストモダンなど写真の歴史が解りやすく勉強になりました。その他,ワークショップ編,放課後編,補修編などもあり,単なる写真論ではなく,撮影する上での実践的なことも書かれている。



f0115203_19171750.jpg天才アラーキー写真ノ方法
荒木経惟著,集英社新書,2001年。アラーキー独特の表現で,写真を撮ることの本質について語っています。生きることそのものって感じです。カメラの選択,フィルムの選択,ポラへのこだわりについても興味深いです。



■その他

f0115203_18412269.jpg建築MAP
東京の他に大阪・神戸・京都,横浜,最近では九州版もリリースされています。各地の有名な建築物が紹介されています。写真のネタ探しには非常に重宝します。



更新中・・・
[PR]
# by red-s2k-taka | 2010-10-02 19:46 | Add-up

焦点距離28mm

これまで主に焦点距離45mmと28mmを使ってきました。

状況に応じて複数のレンズを使い分けるような器用な使い方ができないので
一つのレンズを飽きるまで,次に使いたい画角のレンズが出てくるまで撮ります。

いずれも単焦点です。

画質というよりも単にレンズが繰り出すのが好きになれません。

見た目です。

28mmから45mmくらいはスナップにはちょうどよいい画角です。
28mmだと近寄ってすこし変化をつけた絵もとれたりもするところが面白いです。
近寄って撮影できる被写体があることは幸せな事です。

28mmは広角の部類に入りますけど,
直線的なラインもシャープなところも気に入っています。
24mmだとなかなかこうはなりません。

24mmと28mmでは,私の感覚としては別世界です。
4mmしか変わらないのになんででしょうね。

f0115203_17223771.jpg

[PR]
# by red-s2k-taka | 2010-10-02 17:26 | Article